吉祥寺司法書士事務所

個人様


亡くなった方が不動産を持っていた場合、名義を変更する必要があります。




残した財産によって、相続人間で争いを起こさないようにするための一つの手段です。




配偶者特別控除を利用して、不動産の名義を移転する方法。




住宅ローンが完済した場合、抵当権抹消手続きが必要です。




想定していなかった贈与税が発生してしまった。実務上よくあるひとつの事例です。




認知症、精神障害等により判断能力が低下した場合には、このような手続きがあります。




老後の財産管理に不安を感じたら、一つの手段としてこのような方法もあります。




借金の返済が苦しい場合、ケースによって様々な解決方法があります。




少額の裁判事務でしたら、司法書士にまかせてみてはいかがでしょうか?





法人様


作りやすくなった株式会社。あなたも設立してみませんか?




株式会社の場合、取締役等には任期があります。任期切れにご注意下さい。




商号変更・目的変更、本店移転、合併等、その他会社に関する登記etc。

















プライバシーポリシー



プライバシーポリシー

私共は、ご相談又はご依頼を受けたお客様に対して、業務遂行のために個人情報の提供をお願いしておりますが、その取り扱いについては細心の注意を払うようにしております。

私共は、法律を扱う国家資格者として、国民の権利の擁護と公正な社会の実現のため、その信義に基づき、公正かつ誠実に職務を行います。


■ 法律に基づく守秘義務について

(司法書士法第24条)

司法書士又は司法書士であった者は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱った事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。


■ 取得した個人情報の利用目的について

私共がお客様から提供を受けた個人情報は、目的達成に必要な範囲でのみ利用致します。


■ 個人情報の第三者への提供について

私共は、お客様から同意をいただいた場合、及び法令に基づき公的機関等から法的義務を伴う要請を受けた場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供致しません。但し、ご相談又はご依頼の事件解決のため、私共が委託した者に対してこれを提供する場合は、この限りではありません。この委託先については厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図れるよう、必要かつ適切な監督を行います。

尚、ご相談又はご依頼の内容に関して、一つの事例として当サイト若しくは関連するサイトにて、個人情報が特定されない形で公開することがありますので、この点何卒ご理解ください。


■ 個人情報の開示について

私共がお客様から提供を受けた個人情報は、原則開示致しません。

尚、ご本人から自己の個人情報についての開示請求がある場合は、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合は、開示請求には応じません。


■ 個人情報に対する取り組みについて

私共は、お客様から提供を受けた個人情報を紛失、破壊、外部への不正な流出、改ざん又は不正アクセスから保護するために、適正な管理に努め、安全対策を講じます。


吉祥寺司法書士事務所
〒180-0004
  東京都武蔵野市吉祥寺本町一丁目11番30号
  ダイアパレス吉祥寺 511号
  TEL 0422-28-1800
  FAX 0422-28-1797
  メール info@kichijoji-law.jp